【新連載】ユータのうるんうるん潜入記 こどもの職業社会体験施設の雄“キッザニア”に潜入!キッザニアの「学び」とは?

fb twitter

体験取材①テレビ局(音響エンジニア)編

最初の仕事は音響エンジニア。頑張ってきます。

まず、スーパーバイザーがシナリオの紙で説明。こども達の役割を決め、全体の流れを知ったら、いよいよ本番!

この日は裏方スタッフのお仕事なのでスタッフジャケットを着用!

最初のあいさつシーンです。

番組収録スタジオってこんなんなんだー。

ぼくは裏方なのでここから1人です。今は待機中。

うまくいくためのシミュレーション中。

プロ仕様の機材。ボタン多すぎて緊張する。。。

番組本番スタート!

 

最初は順調だったが、途中で緊張が表に出て画面の切り替えを失敗…!だけど、スーパーバイザーの人が教えてくれて、なんとか助かりました。

本番が終わって緊張が解けた~の画。

最後に、音響エンジニアのおしごとカードと、収録したニュース番組のDVDをもらったが、自分、映ってませんよね…(笑)。

 

体験取材②出版社(マンガ家)編

夢はマンガ家なので、このパビリオンはしっかりやりたいです。マンガ家が使っている筆記用具は使ったことがなく、とても苦戦しました。でも、マンガ家にはこの用具が必要。今のうちに、筆記用具に慣れ、夢を目指して上達しなければ。

さっそくマンガについての説明。マンガ専用の筆記用具の使い方やスクリーントーンの使い方を教えてもらいました。

しめきり厳守…!(※入稿締切は10分後)

スーパーバイザーよりペン入れ原稿の見本サンプルを配られる。今回はワンピースに決定。

これらがマンガ家専用の筆記用具のほんの一部です。上から順にベタぬり用ペン、Gペン、スクリーントーンとベラです。

さっそく描き始めたが、描く部分が少ない!?まぁ良しとしましょう。

編集注:他の子供たちがスーパーバイザーに質問するのに対し、黙々と作業に没頭するユータ記者

スーパーバイザーのチェック後、最後に印刷をして完成でーす。

今回はワンピースだったが、他の題材でもできるぞ‼自分で作ったページを含むマンガ冊子は、持ち帰ることができます。

 

体験取材③新聞社(新聞記者)編

我らがこども新聞社の力を、今全てたたき出す時。質問を考え取材。ここまでは素早く順調。しかしこの後事件が!パソコンでの打ち込みだ。ダメだ!パソコンはあまり経験していない。ここで、一気に時間が経ち、仕上がる前に時間切れ。今日この日、こども記者は締め切りのコワさを身を持って知った。

それでは今から「おしごと相談センター」へ取材に行きます。取材の制限時間は5分。余裕ですね。

さっそく取材開始。開始から約3分30秒でメモ用紙がいっぱい。取材にご協力いただきありがとうございました!

新聞社に戻り、記事の入力作業。ここで例の事件。パソコンがきました。

これが締め切りのおそろしさです!これっ!

結局、最後は編集長(スーパーバイザー)の手をかりなんとか完成。最後の印刷。パソコンはもっと学ばなければ。

 

体験取材④ピザショップ(ピザ職人)編

腹が減った!腹が減った!ピーザのピーザのパビリオーンだ!そんなコールが心の中で聞こえる中、お仕事開始。もちろん食べ物のパビリオンなので衛生面が追及されている。説明を聞いている間も腹が悲鳴をあげている。こっちは早くピザが食べたいんだー!そう思っている間に完成!早っ!

衛生のため、頭にネットを被ります。

手洗いも入念に。このあと、他の子は髪の毛を触りすぎて5回ぐらい手を洗わされていたぞ!(笑)

最初の説明。

これがピザの生地!大人のグーぐらいあるぞ!

まずは生地をのばしまーす。なかなかのびませーん。

次に材料をのせていきます。めっちゃ腹がすいてきたー!

オーブンで焼く前のピザ!うん、いい感じ!

いざ、オーブンに投入!ベルトコンベアー上になっていて勝手に流れていくぞ!

オーブンの温度はなんと265度!あちーー!

そしてついに完成!早く食べたい早く食べたい!!

 

ピザ職人は、工程も複雑で難しかった。でも、この苦労がピザのおいしさにつながるんだろうなと思います。