名物ゲーム「くにおくん」シリーズを作っているプロデューサーは、全然熱血じゃなかった!?

fb twitter

 編:ゲームは楽しかったかい?

 ユータ:はじめて体験したわりにはうまくできたと思います。それにすごく面白かったです。

:「ダウンタウン乱闘行進曲」がどんなゲームか体験したところで金子Pにインタビューしたんだよね。

ユータ:はい。おもしろい話をきいてきましたよ。

 

SONY DSC

 ユータ記者は金子Pの意外な一面を引き出せたのでしょうか。

 ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

昔ハマったゲームのタイトルを教えて下さい。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

先程遊んで頂いたゲーム、くにおくんにハマっていたという感じなんですね。くにおくんシリーズもファミコンだけで5.6本くらい持ってて、くにおくんとダブルドラゴンばっかりやってたんですね、幼少期から(笑)

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

そのゲームについて、簡単に説明して頂けますか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

くにおくんシリーズというのは、ベルトスクロールアクションというのは分かりますか、横に進んでいくゲーム。サッカーゲームだったり、ドッジボールだったり、全てに格闘要素が入ったゲームで、他のゲームとは違う、スゴイそう快感があるゲームです。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

そのゲームのどんなところにハマりましたか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

やっぱり暴力的なところですかね(笑)当時殴るけるっていうゲームが少なくて、格闘のアクション性が楽しくて、ずっとそのシリーズばっかり買ってしまって、持ってるソフトそればっかりになっちゃったんですけど(笑)

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

何歳くらいの時ですか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

小学校4年ですかね。小学校4年から6年まで、そればっかりやっていた記憶があります。ちょうど小学校6年くらいから中1になるくらいにストリートファイター2というゲームが出て、そこから格闘に移行していって格闘ゲームばっかりという感じでしたね。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

くにおくんの中で一番好きなキャラクターは誰で、どういうところが好きになりましたか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

当時はキャラクターの設定とかよく分からなくて、コミカルな表情を出す自分の分身みたいな形でプレイしていましたね。個性がないから自分がくにおくんになれるという感じでプレイしていて、くにおくんが好きっていう人が多かったですね。みんなも好きだし、僕も好きでした。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

1日何時間くらいしていましたか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

1時間から2時間くらいですかね。小4の時は1時間。小6の時はなしくずし的に時間を増やしてもらって、友達が来たら3時間までオッケーとか(笑) 普段は1時間です。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

やり過ぎて怒られる時はありましたか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

怒られましたよ、ゲーム機を押入れにしまわれたり(笑) よくかくされた記憶があります。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

ゲーマー歴は何年ですか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

小学校2年生くらいからだから、32年くらいですかね。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

そのうち、くにおくんを何年くらい遊んでいますか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

3年くらいですかね。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

意外と少ないんですね(笑)

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

結構飽きっぽくて、新しいゲームが出ると、新しい体験がしたいからゲームをやるというのがあって。どんどんやっちゃうんですよね。中学校から高校くらいまで格闘メインでやっていましたね。RPGはめんどうくさくて、大人になるにつれて段々やらなくなってきますね(笑)

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

くにおくんは、ヤンキー校の設定ですが、その世界観を分かってプレイしたのですか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

その世界観は分からなかったけど、誰かがさらわれて二人で助けに行くっていうところの設定だけしか分からなくて、何で学ランみたいなのを着ているのか、何も考えていなかった記憶がありますね。特にヤンキーに憧れた訳ではありません(笑)

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

そのゲームで自分が改善するなら、どこを改善しますか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

かなり完成されたゲームなので、手を加えるというよりは、良い部分を伸ばすという感じにしたいです。くにおくんは自由度の高いゲームなので、街中をうろうろとしたり、必殺技を覚えたりというのを増やせば増やす程、お客さんが楽しめるゲームになっていくので、そういう部分を増やしていきたいなと思います。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

そのゲームを作る時に、参考にした事はありますか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

参考にしなかった事が多いです。くにおくんを作るのに、ドラゴンクエストやファイナルファンタジー、ストリートファイターなどを参考にしちゃうと、くにおくんはくにおくんのゲームじゃなくなっちゃうので、くにおくんしかない部分を表現していくっていう形に気を付けていますね。くにおくんのゲームがくにおくんじゃなくならないように気を付けて作っています。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

なぜゲーム会社に入ろうと思ったのですか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

そうですね、僕は本当に正直に言っていいか分からないですけど、学生の頃はとにかく働きたくなくて、高校卒業して働くのが嫌だから大学に行って、大学を卒業して働きたくないから専門学校に行ったんですよ(笑)1年専門学校に行って、専門学校に決めたのも、働く先を決める上であんまり努力したくなくて、美術とか図工とか得意だったから絵の勉強でもしようかなと思って、絵の就職先って何があるんだろうというところで自分なりに色々な業界を調べてみました。その中で面白いのはどれか、働いていても遊んでいるような感覚で出来るのはどれかなとなった時に、やっぱ小さい時からやってたゲームが一番、働けるならゲーム会社で働くのが一番楽しそうだなという事で、ゲーム会社にしたっていう、ちょっとネガティブな感じなんですけど(笑)

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

ちなみに小学生の頃、将来の夢とかはあったのですか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

画家になりたいと思っていました。元々、美術とか図工が得意で好きだったので。専門学校の時に絵をスゴイ描きましたね。専門学校では9時から始まって、20時くらいまで残って、家帰ってご飯食べて寝て夜中の2時に起きてそこから絵を描いて。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

どういう絵を描いていましたか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

初めはとにかくデッサンを勉強していました。ゲーム会社に入るからと言う事で、キャラクターのイラスト、例えば萌え系の絵を描いてみたり、かと思ったら割と写実的な絵を描いたり、海外で作るようなゲームの絵を描いたりしていたら先生に、「お前は何をやりたいんだ」と言われたり(笑)何か、これじゃないとダメっていうのがなかったのが、良かったのか悪かったのか分からないんですけど。何にでも興味を示して、どんな表現でもやってみようと思って、色んな事をやっていました。ゲームだからゲームしか参考にしないんじゃなくて、ファッションや映画・広告デザインでも格好良いものは何でも取り入れていこうという感じのスタンスでずっとやっていますね。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

今作ろうと考えているゲームはありますか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

あります!くにおくんとかダブルドラゴンのシリーズを今後いっぱい作っていこうと思っています。横スクロールのゲームはファミコン時代からもう30年以上経っているので、どうやって新しく表現しようかと今考えています。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

ゲームの良いところは何ですか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

みんなで遊ぶと楽しいけど、一人でも出来るところですね。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

自分が作るゲームの短所は何ですか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

オリジナリティがあるようなないようなところです。くにおくんは肉付けをしていく事が多いんですけど、何もなかったらどうなのというと、あんまり・・・1回しか作った事がないんですけどね。でも、くにおくんのシステムを流用したオリジナルのゲームだったんで、あんまりオリジナルティがないといえばないですね(笑)

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

自分のお子さんがこういう業界に入る事をお勧めしますか。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

うちは二人とも女の子なんですけど、1歳半と5歳で。女の子だったらやりたい事を。男の子だったら、とっかかりが何であれ、持続してちゃんと成果をあげていける仕事が良いなと思います。ゲーム業界がオススメかは僕もまだわかりませんが、強い心があればどの業界でも大丈夫だと思います(笑)

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

最後に、これからゲームをしようとしているこども達に一言。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 13番目

ゲームも面白いけど、ゲーム以外の遊びもいっぱいして、立派な大人になって下さい(笑)

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 12番目

ありがとうございました。

ユータ記者 H29.03.24 金子P取材 14番目

▲ユータ記者のツッコミに苦笑いの一面も。