2018/1/27 講義風景

fb twitter

ここのところ、講義風景についてアップが滞っていましたが、当メディアに訪問いただいた方々のアクセスを見ていると、意外にも過去の講義風景も見られている事に気付き、今後は毎回の講義についても随時アップして参りたいと思います。

 

さて、2018年1月27日、奈良本部、愛知支部それぞれにて講義を行いました。

 

■奈良本部

奈良本部では2班に分かれて、次なる取材に向けて準備中。

図1

①ユータ・くーチーム

中学1年生コンビの次なる取材テーマは「菱垣廻船」。

歴史が深くなかなかハードルの高いテーマですが、こども達ならではの視点でどのような切り口で取材するのか。まずは周辺情報を含めたリサーチから始め、彼らが疑問に思うこと、分からないこと、知りたいことを質問項目としてまとめ、取材の構成を考えました。

 

②レッド・ぺいぼうチーム

小学6年生コンビは「奈良ドリームランド」について。

かつて奈良県にあった遊園地。1961年7月に開業し、2006年8月に閉園したこの遊園地は、歴史を遡ると、元々創設者が日本にディズニーランドを作りたいという想いでできたと言われています。なぜ、閉園となってしまったのか。そして閉園後、何年もの間放置され、2015年にようやくある不動産会社が落札するも、今後跡地をどのように利用するのかは不明のまま。

この問題について、奈良県在住の小学6年生が切り込む予定だが、そのためには下調べが重要。この日は2人が「奈良ドリームランド」について調べてきた情報のまとめを行いました。

 

 

■愛知支部

愛知支部では、こども記者2名たっての希望で「猫カフェ」への取材に決定。

S__27410439

「猫カフェ」といえども、今回取材するのは”保護猫”カフェとなります。

愛知県名古屋市では昨年犬の殺処分ゼロを達成したこともあり、今年は猫への対応にも注目されています。そのあたりの背景と合わせ、どんなことを保護猫カフェで取材するのか。この日は取材先についてリサーチを実施しました。